2017.04.29

【内藤雄士ゴルフレッスン】パットは
打つのではなく「転がしてあげる」感覚

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato 中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 パッティングのコツはありますか?

内藤 練習では、基本的なことだけをやってきました。ストロークに関しては、できていると思いますが、問題は距離感です。

白石 強弱の感覚がわからないです。

内藤 カップに対して正対して、右手でボールを転がしてみてください。このボールを転がす感覚をイメージしながら、パッティングの構えをして、その感覚でパターを動かせばいいんです。最初から感覚をつかむのは難しいかもしれませんが、ボールをヒットするというよりも、フェース面でボールを転がしてあげるイメージを持つといいでしょう。

白石 確かにボールの転がり方がスムーズになりました。これなら家でも練習することができますね。

内藤 そうです。パッティングは自宅でも練習ができるので、毎日少しの時間でもいいのでやると必ず効果が出てきます。そうすれば100なんてあっという間に切れますよ。


これくらいのバックスイングの大きさでいいと指示を受ける白石さん。イメージと実際に飛ぶ距離の感覚の一致がこれからの練習テーマになる。