2017.03.23

【木村和久連載】スポーツ庁発表の
データに見る、意外なゴルフ人気

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 過去1年間にやったスポーツの第1位は、ウォーキング。散歩の類で、男女ともに40%弱(男子39.4%、女子38.1%)でした。率直な感想を言うと、逆にかなりたくさんの人が散歩すらしていないことに驚きです。「通勤、通学で歩くから」という人もいると思いますが、ふらっと公園を歩くとか、しないものなんですかねぇ……。

 過去1年間、散歩を含めてスポーツをまったくしなかった人は、全体で27.2%(男性25.3%、女子29.0%)もいて、その層は今後もスポーツをする予定はないそうです。そこの”運動しない層”をいじり回したいところですが、本題にたどりつかないので、泣く泣くパスします。

 その他、アンケートで多かったのは、体操、筋トレ、ランニング(ジョギング)ですが、体操ってラジオ体操の類ですよ。また、なかには『釣り』という項目もありましたけど、釣りはスポーツではないでしょ! アンケートの、そこら辺のくくりには、若干微妙なものを感じましたね。

 とにかく、我々が一番気になるのは、競技性のあるスポーツです。主に球技が多いのですが、上位にはやはりメジャースポーツがずらりと並んでいました。もちろん、ゴルフもあります。

 その競技性のあるスポーツの中で、男性の第1位は、なんとゴルフの10.6%でした。

「やるスポーツ」としては、ゴルフの人気は結構高いようですね