2017.03.09

【木村和久連載】ゲン担ぎだけじゃない。
実は大事なゴルフのルーティン

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 ちなみに、パターのルーティンですが、これは時間のある、なしでかなり違ってきます。時間があるなら、必ず逆方向からも見るべし。加えて、自分で決めた距離を、必ずエアで打ちましょう。要は素振りですが、パターは距離感が命ですから。「これぐらい打つぞ」と思って、実際に打てることが重要です。

 すべてのショットにおいて、ルーティンを守って打つことがいかに大切なことか。焦ったり、さぼったり、ルーティンをおろそかにすると、ロクなことがありません。

 ルーティン、それは「心の余裕の表れ」。

 自分では、そう解釈しています。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

■ゴルフ記事一覧>

関連記事