2017.03.09

【木村和久連載】ゲン担ぎだけじゃない。
実は大事なゴルフのルーティン

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 パターも同様です。ナイスオンして、バーディーチャンス到来。上りの6mながら、さほどラインは難しくありません。ただ、周りを見ると、ひとりだけバンカーで難儀しています。たまりかねた同伴メンバーは、10mぐらいのパットを「お先に~」と打ってしまいました。

 そこで、こっちもバーディーパットのラインが読めて、早く入れたくてしょうがない。「イメージが消えないうちに入れなきゃ」と思って、「じゃあ、オレも(先に)打つか」となるわけです。が、これもまた、いけません。

 焦って打つから、たいがいイメージどおりの結果にはなりません。

 ルールどおり、全員がグリーンに乗ってから、遠い人から順番に打てばいいのです。待っている間は、ラインをカップの逆から見たり、左右から傾斜を確認したりしていればいいのです。これが、大事です。

 要するに、すべてのショット、特にグリーン上では「お先に」は危険です。自ら”禁止”にしたほうがいいでしょう。

いい結果をもたらすには、ルーティンが結構大事なんですよね