2017.03.03

【木村和久連載】アマチュアに
「データゴルフ」はどれだけ必要か?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 じゃあ、パー4で3オンだった場合はどうするのか?

 そのときは、パット数は数えません。だって、プロの場合、パーオンに失敗しても、ほとんど"寄せワン"を狙って、高い確率でそのパットを決めてしまいますよね。だから、もしパーオンに失敗して、寄せワンのパーまでパット数に入れると、とんでもなく低い平均パット数になってしまいます。

 ゆえに、プロが1パットとなるのは「パーオン以下」、すなわちバーディーやイーグルを取ったときです。もちろん、パーオンして3パットしたときは、パット数は3になります。そこは、アマチュアも一緒です。

 というわけで、アマチュアが1回もパーオンせずに、3オンや4オンを重ねてラウンドを終えると、プロのパット数の数え方だと算出不可能。パット数ゼロになりましたって、なんだかなぁ~。

 冗談はこれぐらいにして、ここでアマチュアのパット数の数え方を記しておきます。

 とりあえず、カラーやフェアウェーからパターを使用したとしても、それをパット数に数えることはしません。何打目であろうが、グリーンに乗ってからのパット数はすべて数えます。

 ということは、1度グリーンに乗ったあと、強く打ちすぎて池に入ってしまったとしましょう。その場合、池に入ったペナルティーも、池の淵から打ち直したウエッジによる1打も、全部パット数に入れます。