2017.02.13

「マツヤマ~!」
現地でスーパーボウルより話題となった
松山英樹の連覇

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 ターミナルまでの数分間、シャトルの中はすっかりゴルフ談義に花が咲いていた。折しもその前夜、ニューイングランド・ペイトリオッツがスーパーボウル史上最高の逆転劇でアトランタ・ファルコンズを下したのだが、彼らにとっては松山のプレーのほうがずっと興奮するものだったのだ。

 そんな会話を真横で聞いていた私は、「そうだよね。そうだよね」と心の中で呟いて、松山と同じ日本人であることが少し誇らしくもあった。

 松山が望む、自らのファンは間違いなく増えている。シャトル内でそのことを改めて確信した。大会3連覇に挑む来年、松山にはどんな声援が送られるのか、今からとても楽しみになった。

■ゴルフ 記事一覧>>

関連記事