2017.01.25

米ツアーの狭き門に挑む18歳・
畑岡奈紗に現地メディアも熱視線

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Kyodo News

「無事」と記したのは、出場できるかどうかの確約がなかったからだ。米女子ツアーの2017年シーズンは、全34試合(メジャー5大会を含む)が開催されるが、各試合に出場できるかどうかは、その選手の持つ"優先順位"で決まる。

「プライオリティーリスト」とも呼ばれるこの優先順位は、1~21のカテゴリーに分けられていて、第1の優先は前年度の賞金ランキング80位以内、2番目が生涯獲得賞金のトップ20、3番目がメジャー勝者と続いて、畑岡が持つ最終予選会の合格者(20名)はなんと12番目のカテゴリー。さらに畑岡は、その20人の中で18番目となる。

 ゆえに、上位のカテゴリーで優先される選手がこぞって試合に出場した場合は、畑岡まで出場の権利が回ってこない。特に日照時間が短い冬場の試合は、出場人数が制限されるため、なおさら出場できない可能性が高まる。厳しい予選会を戦って得た権利でも、まだまだ厳しい現実が待ち受けているのが、米女子ツアーなのだ。

 今回のバハマでの開幕戦のあとは、再び2週間のオープンウィークとなる。そうした状況にあって、特にトップクラスの選手たちは本格的にツアーが始まるまでゆっくりとオフを過ごすため、開幕戦を欠場することが多い。おかげで今回は、畑岡も"無事"に出場できることになった。

 ちなみに、もし畑岡まで順番が回ってこなければ、一昨年の横峯さくら(31歳)のように、彼女もマンデー予選会から挑戦することになっただろう。