2017.01.21

【内藤雄士ゴルフレッスン】打球が
散らばる時はアドレスを見直す

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi


内藤 そうですね。前傾することで、地面に対して力を加えることができます。すると上体の起き上がりなどを防ぐことができます。目安としては、足首よりも前に体重がかかった状態で構えて、それを変えないままスイングすることです。

白石 実際やってみると、かなり前かがみになっている感じなんですね。

内藤 そうです。パンツやスカートの股関節のあたりにシワが入っていると、きっちり前傾できている証になります。

白石 最初の姿勢はちょっと大変けど、確かに体が回りやすくなった感じがあります。

内藤 スムーズなスイングをするには、あばら骨あたりから肩までの部分を横に回す必要があります。それが結果的に、これまでのレッスンでやってきた肩甲骨を回す動きにつながるわけです。

 白石さんの意識の中にはすでに、そう動かそうとしている部分があるわけですが、アドレスが間違っていると動かしにくくなる。それで無理に手で上げようとしてしまうんです。

白石 わかりました。うまく当たらない時は基本に戻って、もう一度アドレスを見直すことが大事なんですね。気をつけて練習します!