2017.01.19

【木村和久連載】接待ゴルフの進化系
「ステルス接待」とは?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 日本ではリーマンショック以降、急激に接待ゴルフが廃れましたが、ゴルフが好きな方々は「親睦」と称して接待ゴルフをしたがります。でも、今やそれは、普通にラウンドをして、どちらかがプレー代を持ち、帰りにお土産を渡す程度のことです。接待されれば、次は接待されたほうが接待返しをする、という感じです。

 まあ、お互いに「接待」という名目であれば、タダでゴルフができるというメリットもあります。そこは、健全っちゃ、健全ですけどね。

 ところで、古き良き接待ゴルフですが、今の世の中、接待系のコースを企業が持っているなんて「けしからん」といった風潮もあり、そうしたコースもほとんど消えていっています。たとえ所有していても、一般に開放しているのが常です。

 そこでオススメなのが、そういうバブリーな接待系コースにネット予約で行くこと。これが、結構楽しいです。昔、口説けなかった高級クラブのお姉ちゃんが、すごく安いスナックで働いている感じでしょうか。

 昔はステータスを振りかざし、値段も高くて行けなかった”名門コース”。かつてプレーできなかった恨みを、今こそ晴らそうではありませんか。

 だからって、コースで立ちションをしてはいけませんよ。その恨み、スコアでしっかり返すのが、ゴルファーってものです。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

■ゴルフ記事一覧>

関連記事