2017.01.14

【内藤雄士ゴルフレッスン】
パターはゆるく握って、リズムよく動かす

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi


内藤 他のショットと違って、クラブ(フェース)の開閉が必要ないからです。面を意識して、面が変わらないように手首をロック(固定)してストロークします。だから左手の親指をその面に合わせてグリップします。右手は、手のひらをグリップの真横(自分から見て右サイド)からあてがうようにして握ります。左手の親指のポジションと、右手のひらの向きを意識すると、フェースの向きがストローク中も安定するようになります。

 あとは、握る強さも重要なポイントです。強く握りすぎると、ヘッドがスムーズに動きません。クラブの重さを感じながら、クラブを支える程度の力感で握りましょう。

白石 確かに強く握りすぎていると、強く打っちゃいますね。ゆるく握っていると、ゆっくりにしか動かせません。

内藤 アドレスからバックスイング、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォローとヘッドが動きたいように動かしてあげることが反復性の高いストロークをするコツです。
白石さんは、ストロークの途中で急激にヘッドを加速させたり、減速させたりしてしまっているので、距離感もバラバラになってしまうのです。リズムよくヘッドを動かせるように練習してみてください。

白石 わかりました。しっかり練習して、コースデビューに備えたいと思います。