2017.01.07

【内藤雄士ゴルフレッスン】
パッティングは「面」を強く意識して

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi.


●「面」を変えずにストロークする

右利きの場合は、右の手のひらがずっとターゲットを向いたままストロークする基本的な動きを徹底して。
    

ティペグを使って、練習する。利き手の親指と人差し指の間にティペグの上部(ボールを乗せるほう)を挟む(写真下)。

     ティペグを挟んで、そのままパターを握り、ティペグの先端を体の向こう正面に向けて、ストロークする。その先端の向きが変わらないようストロークすると、方向性や転がり方が安定する。