2017.01.05

【木村和久連載】あなたは大丈夫?
「こじらせゴルファー」の憂鬱

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

◆練習をしすぎる
 人生は何事もほどほどに、ですね。私なんて今年の夏、基礎体力を作ろうと、3カ月ほど毎日ジョギングをしてがんばっていたんですね。そうしたら、膝をやられて、一時は歩行すら困難に......。素人の急な運動は、こうですから。

 ゴルフの練習も、昔はひどいときには朝、昼、晩と3回、納得するまでやりました。その挙句、肩をパンパンに腫(は)らして、翌日のラウンドは大叩き。それじゃあ、練習をやる意味ないじゃん!って思いますわ。

 知り合いにも、練習をしすぎて、あばら骨の疲労骨折とか、背中を痛めて手術したとか、そんな武勇伝をたくさん持っている輩がいますけど......。

練習しすぎて本番ではさっぱり、なんてことにならないようにしてください練習しすぎて本番ではさっぱり、なんてことにならないようにしてください  ベストスコア更新中の方は、2日に1回ぐらい練習してもいいでしょうが、成長が止まった方は、せいぜい月1回の練習でいいんじゃないですか。あとは、コースで練習すれば十分です。

 練習というから、勘違いして打ちまくるわけです。練習場では、日頃のショットが打てているのか、その確認作業をすると思えば、ほどほどに終わることができます。

 スコアの高度成長時代が終わった方は、新しいアプローチ法とか、ドローボールを覚えるとか、そういうこともしないほうがいいです。現状維持で御の字だと思いますよ。