2016.12.29

【木村和久連載】アマチュアは
ゴルフ場の情報を入れずにプレーせよ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 アマチュアゴルファーは、あまり情報過多に陥らないほうが無難です。ついでに、”体験”という情報もインプットしないほうがいいです。すなわちそれは、朝の練習を指します。

 プレー当日、アマチュアゴルファーの一番の難所は、練習場です。ここで淡々とアプローチ多め、ドライバー少々といった感じで、綺麗なショットが打てていればいいのですが、アドレナリン出まくりの、ドライバー打ちまくりだと、ちょっと問題です。もはや、そこで息切れしてしまうかも……。

 さらに、一番まずいのは、ボールがまったく当たらないことです。緊張してなのか、変なボールしか出ないときがあります。こうなったら、もう焦って、普段以上に力んでしまって、プレーどころじゃありません。

 この期に及んで、何を今さらですけど、アマチュアにとって、朝の練習場は”諸刃の剣”となります。つまり、どっちに転ぶかわからないのです。

 ですから、いっそ練習場のないゴルフ場のほうが、諦めがつくのでなんぼ精神的に楽なことか。

 ゴルフは、プレー直前にじたばたしないのが肝要かと。練習するなら体をほぐす程度にして、パットを試したら、トイレに2回ぐらい行っておいて、それからスタート小屋で缶コーヒーを飲んで待つ、くらいの余裕で臨みましょう。

 どうせ、コンペは新ペリアかなんかでしょう。それなら、100ぐらいでも十分に入賞の可能性はありますよ。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

■ゴルフ記事一覧>

関連記事