2016.12.24

【内藤雄士ゴルフレッスン】アプローチの
距離感はフィーリングでOK

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

内藤 上出来ですよ。今の段階では、グリーンに乗ればOKです。注意してほしいのは、グリップを強く握りすぎないことです。グリップを強く握りすぎると、ヘッドが走らないので、ヘッドにフィーリングが伝わりにくくなります。グリップからクラブがストンと落ちるくらいの強さで握ることを意識しましょう。

白石 乗せようと思うと、ミスを連発してしまうのですが。

内藤 体が早く起き上がりすぎていますね。あとは白石さんの悪いクセで頭が動きすぎています。

白石 体が起き上がるのを防ぐ方法はありますか?

内藤 肩のラインを意識しましょう。インパクトのときに肩のラインがスクエアなら、インパクトできっちりボールを捉えることができます。

白石 もっとふわっと高く上がるイメージをしていたのですが。

内藤 ボールの高さはクラブのロフトが出してくれると考えましょう。高く上げようとすると、体は起き上がりやすくなります。

白石 わかりました。頑張って練習します。