2016.12.10

【内藤雄士ゴルフレッスン】バンカー
ショットも「振り切る」ことが大事

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato スギゾー。●撮影 photo by Sugizo.


白石 結構、力がいるショットなんですね。

内藤 確かに砂の抵抗が大きいので、振り抜きにくいと思いますが、だからといって腕に力を入れてしまうと逆に振り切れなくなります。こんな状況の時こそ、ヘッドの重さを利用して上から下にヘッドを落とす意識を持ちましょう。重力を利用すれば、筋力がなくてもバンカーは克服することができます。

白石 なるほど打ち込んで終わりじゃダメなんですね。あと直すべきポイントはありますか?

内藤 打ち込む意識が強かったせいか、ハンドファーストになりすぎて、ヘッドが走らない形になっています。もっと体の正面でインパクトするイメージを持ちましょう。さらに言えば、ハンドファーストとは逆にハンドレートになるつもりで、振ってみてください。

白石 ヘッドを先に出すとどんなメリットがあるんですか?

内藤 ヘッドが先に出るとバンス(クラブのソール部分)から砂に落ちるので、砂が爆発しやすくなります。

白石 とにかく1発で出せるように頑張って練習します!

●力に頼らず、しっかり「振り切る」ことを身につけて

手元よりもヘッドが先に出る(ハンドレートになる)ようにレッスンを受ける。ヘッドが先行することでバンスが使えるようになる。