2016.10.28

【木村和久連載】ゴルフをすると
「太る」という謎に迫る

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 そうして身も軽くなったら、さあ、ラウンド開始! プレー中はさすがに間食などせず、ペットボトルのお茶だけ飲みます。

 しかし、昼のランチは普段肉類を食べない反動か、とんかつ定食とか、ステーキランチとか、重いものばっかり食べてしまいます。思えば、この日もそうでしたね。たまにバイキングなんてあると、プレートに料理を盛りすぎて、午後は腹パンパンで体が回りませんから......。

 まあ、そんな具合で昼はちょっと食べすぎかと思いますが、でもまだ許容範囲。コンペはここからが本番です。

 午後4時くらいから表彰式が始まり、そこでパーティーのセット料理をいただきます。前菜をチマチマ食べる分にはいいのですが、シメに焼きそばなんか出たりすると、もう止まりません。焼きそばはパーティーに出ない人がいるので、いつも余ってしまいます。残したら、失礼ですよね。「じゃあ、いただきます!」って、無茶苦茶な論理ですわ~。

 いやぁ~、満腹。これで1日3回、食事したことになるけど、「しっかり運動したから、どっこいどっこいでしょ」と思うわけです。

 ところが、この考えが甘かった。その日の夜は、コンペの2次会と称して、ちょっとした飲み会にも参加。ゴルフ疲れなものだから、アルコールが回りまくります。ついでに、出されたシューマイとか、から揚げとか、ピザとか、こってり系にもガンガン手を出してしまいます......。