2016.10.22

【内藤雄士ゴルフレッスン】
アプローチ特有の手首の形を覚えよう

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

●スティックを使って、「手首を使わない」感覚をつかむ

これは悪い例。手首をこねてしまうとフェース面の向きが一定にならず、ショットの方向も距離感も不安定に。

   手首を使わずにロックした状態でインパクトを迎えて、フォローは取らなくていい。

   スティックをシャフトの延長線上になるように持ち、スイングする(写真上)。インパクトの後、左脇にスティックが当たると手首を使っている証拠。きちんと手首をロックできていれば、ステッィクは体に触れない(写真下)。