2016.10.16

【内藤雄士ゴルフレッスン】アプローチの
ポイントは肩のラインと手首の固定

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato
  • 中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi


白石 クラブを振るときに注意することはありますか?

内藤 振り幅が小さくなるのと、手首の動きをロックした状態で、振り子のように動かしてください。決して、ボールを上げようとしないこと。前回のレッスンで説明しましたが、ボールを上げてくれるのはロフトの役目です。手先でコントロールして、スイングしないように心がけてください。

白石 手首をロックするときのポイントは?

内藤 アドレスでボールを右足寄りに置いた段階で、手首の形はハンドファーストになります。このアドレスの時の形をキープしたまま、肩の回転でクラブを振ります。イメージ的には上げて下ろすだけ。フォローを無理に取ろうとしないで、インパクトをして終わりくらいの気持ちで振るといいでしょう。

白石 振り切らなくていいんですね。フルショットのときとまったく感覚が違いますね。身につくまで、頑張って練習してみます!