2016.10.13

【木村和久連載】ゴルフの世界は
「逆・地方格差」。賢く節約すべし

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 コンパクトなキャディーバックであれば、あくまで小さいだけで、そうした心配はいりません。クラブも12本ほど入りますし、通常から2本省いてラウンドに臨みます。シューズや着替えも入りますから、電車に乗るときはそれしか持ちません。これが、楽でいいんです。

 仕方がなく、他に荷物を持つときは、背負うリュックタイプにします。さすれば、移動中は常に片手が空いていてすごく便利です。ただし、リュックを背負ってゴルフとなると、名門コースはまず無理です。カジュアルなコースにフラッと行くときに、この小型のキャディーバッグが役立つのです。

 それにしても、ゴルフがこれだけ大衆化すると、バブル時代が懐かしいです。高級外車でコースに乗りつけ、バブリーなクラブハウスのソファにふんぞり返って、朝からステーキを食べていい気分。プレーのあとは美女とジャグジー......って、それは余計か。

 それが今や、リュック背負って"電車ゴルフ"ですからね。まあでも、貧乏くさいかもしれませんが、外車に乗っていた頃より、驚くほど健康的になったのは確かです。こっちのほうが、断然長生きするような気がします。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

■ゴルフ記事一覧>

関連記事