2016.10.02

好成績にも不満を見せる松山英樹を、
米メディアはどう見ているか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by Getty Images

 おそらく、松山の中ではショットへの感触、狙ったとおりの球筋で思ったとおりのショットが打てることへの意識というか、気持ちが非常に強いのだ。そのため、たとえ結果的にショットがよくてピンに絡んだとしても、自らが思ったショットでなければ満足しない。彼の言葉を借りれば、「たまたまです」ということになる。

 では今季、上達したと思える部分はあったのか? 我々メディアが問うと、松山は「ないです。考えたこともない」と、その質問をバッサリ。

 これは、ショット不振の苛立ちからくるものではないだろうか。周囲から見れば、成長の跡は随所に見られた。最終戦でスコアを作ったのは、小技だった。特にバンカーショットが冴えて、初日、最終日はすべてバンカーから1パットで収めた。その点は、松山も満足していた。

「(ショットが)悪いなりにまとめられた。パッティングとバンカーショットがいいと、スコアがここまで伸びるのかなと思った。こうやって、拾っていけるのもありかな、とも思う。でも、(普段から)これぐらいスコアを伸ばしていかないといけない」

 松山の"小技"は、大いに評価していいと思う。調子の悪いときに、いかにスコアを作っていくかは、長いシーズンを戦ううえではとても重要なこと。この小技があったからこそ、今季の好成績につながった。それは、松山自身が一番感じているに違いない。