2016.10.01

【内藤雄士ゴルフレッスン】「肩のライン」に
気をつけて、飛距離をアップ

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 なぜ、右肩が前に出ちゃうんですかね?

内藤 右肩が前に出ると、ボールとの距離が近くなって、当たる感じがするんです。それで、肩のラインがターゲットよりも左を向きすぎてしまうわけです。そこから頭の中ではインサイドにクラブを上げようとしているんですが、左を向いた構えからは上げられないわけです。結果、手でクラブを持ち上げるようなバックスイングになって、肩の回転が浅くなってしまうんです。

白石 なるほど! スムーズにクラブが上がったなと思えた時が正しく構えられている時なんですね。

内藤 その通り。また、フォロー側の腕の返しも同じで、バックスイングで捻転が浅いから、フォローサイドに体が突っ込んでしまいがち。体を右サイドに残した状態のインパクトができていないから、ヘッドが走っていかないわけです。腕の返しは「返す」のではなく「返る」のが理想。だからこそ、それが自然にできるようになる体の捻転と解放が必要になるわけです。

白石 まだまだ飛ばせるようになりますか?

内藤 もちろんです。もともと白石さんは体幹の強さがあるので、今以上に軸回転ができるようになれば、ラクに飛距離を伸ばすことができます。この調子で時間をできるだけ作って自主練は続けてくださいね。

白石 わかりました!自分でも上手く振れている時と、ダメな時がわかってきたので練習は本当に楽しいんです。頑張ります!