2016.09.03

【内藤雄士ゴルフレッスン】
「ハンドファースト」を覚えよう

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi


内藤 今回練習してもらっているPWはアイアンの中でも短い方のクラブですが、短くなるにつれて、ボールが両足の真ん中になると説明しました。スイングというのは円運動で、ドライバーの場合はティーアップしているので、円の最下点ではなく、さらに左側でボールをヒットします。そのためにボール位置は左足のかかと線上あたりになります。

 一方のアイアンは地面のボールを打つので、円の最下点でボールをヒットします。だからボール位置は内側に入ってくるわけです。

白石 なるほど。手元の位置ってどうすればいいんですか?

内藤 基本的に手元はドライバーもアイアンも同じなので、左の股関節の前あたりになります。すると手元よりもヘッドが後ろに来る構えになります。これはいわゆる「ハンドファースト」という形になります。この形のままインパクトするイメージを持ってください。ただし、手先でこれを作ろうとするのではなく、あくまでもしっかりと体を回した上で、結果的になることが理想です。

白石 難しいですね。

内藤 言い換えれば、クラブごとに正しい構えを作れていれば、あとはしっかり体を回すだけでいいんです。手の意識は逆に必要ありません。手でクラブを下ろしたり、振ろうとするから、インパクトでハンドファーストにならなくなるんです。

白石 なるほど。わかりました。意識して練習してみます。でも、アイアンって短いですけど、ドライバーより重くて振りにくいですね(苦笑)。