2016.09.01

【木村和久連載】身軽に楽しむ
「ハーフ&ハーフ・ゴルフ」のススメ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 最近のゴルフ場は、ネットで調べてみると、午後ハーフ、薄暮ハーフを実施しているところが多いです。特にショートコースはナイターがあるところも多いので、残業がなければ十分プレーできます。

 最近は雇用形態も変わり、わりと時間が自由に使えるようになっていると聞きます。そんな話をしていたら、安倍政権が金曜日は15時に仕事を終える”プレミアムフライデー”を検討、というニュースが飛び込んできました。

 いやぁ、15時に仕事が終わるなら、ショートコースでナイタープレーは楽勝です。時代は「ハーフ&ハーフ・ゴルフ」の味方をしてくれているようです。

 さあ、長い時間と重くて大きいキャディーバッグから解放されて、フリーで、お気楽なゴルフを楽しみましょう!

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

■ゴルフ記事一覧>

関連記事