2016.08.27

【内藤雄士ゴルフレッスン】
体幹を使うコツは”アバラ骨”にあり!

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi


内藤 単純に胸や肩を回すことが体幹を使えているとは言いません。上半身をしっかり捻ることが必要になります。

白石 私にもできるコツみたいなものはありますか?

内藤 腰を止めて、上半身を回してみてください。体のパーツで言うとアバラ骨を回すイメージで上半身を捻ります。

白石 腰を止めて、捻るというのは難しいですね。

内藤 そうなんです。止めているつもりでも、実際は動いてしまっているものです。だからこそ、強く意識する必要があるんです。最初は直立した状態で体を回して、慣れてきたら前傾してから行なうといった手順を踏むと、腰を止めて上半身を捻るという動きができるようになります。

白石 体の柔軟性って関係ありますか?

内藤 人によって体の柔軟性は個人差があるので、上半身をここまで回さなければならないということはありません。自分の中で回せる範囲で十分です。ただ、ちょっと苦しいと感じる感覚は必要です。

白石 なるほど。アバラ骨を回す感覚って日常生活ではないことですよね?

内藤 その通り。ゴルフにはそういった動きが必要になるんです。

白石 アバラ骨をしっかり意識して練習したいと思います。