2016.08.20

【内藤雄士ゴルフレッスン】ウェッジこそ、体の回転を意識して

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

内藤 まずボール位置ですが、ドライバーは左足のかかと線上当たりでしたが、クラブが短くなるにつれて両足の真ん中になります。PWなどのウェッジは両足の真ん中と考えていいでしょう。

 次に、特に注意してほしいのがボールとの距離です。クラブが短くなるほど、ボールとの距離は近くなります。そのシャフトの角度に沿ってクラブを上げるので、ドライバーなど長さのあるクラブに比べて軌道は縦になります。

白石 他にクラブの長さが変わると、注意しなければならないことはありますか?

内藤 手元を自分の遠くへ上げることを意識してください。手先ではなく体の回転をしっかり使うためですが、長さが短い分、クラブに振られる感覚が少なくなるので、より体の回転で振る意識が必要になります。手首の形を変えずに、テークバック、インパクト、フォローと動かしてみてください。

白石 手首の形を意識すると速く振れませんね。

内藤 そうです。これで速く振ろうとするとスイングが壊れてしまいます。また、アイアンは飛ばすクラブではないので、しっかり体の回転でスイングすることを覚えてください。

白石 ボールとの距離が近くなると、なんだか違和感がありますね。ボールを真上から見ているような感覚で、最初は振りにくさを感じました。この感覚の差は慣れるしかないんですね。

内藤 その通りです。あとは球数を打って、正しい感覚を体に覚えこませることが必要になります。