2016.08.13

【内藤雄士ゴルフレッスン】「手打ち」を
脱却するためのチェックポイント

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato 中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

内藤 久しぶりにボールを打つ時には、どうしてもボールに当てたいという気持ちが強くなります。要するに手で上げて、手で下ろす"手打ちスイング"になってしまいまうので、女性のように非力な人は、バックスイングで間違った方向にクラブを上げてしまうと、それを戻す筋力がないので、ミート率が格段に落ちます。もちろん筋力があるからといって、始動で間違った方向に上げてしまうのはミスの原因になります。

白石 私も手で上げているということですか?

内藤 そうです。自分ではちゃんとできているつもりでも、実際はできていないのがゴルフの難しいところです。

白石 こういうときに意識することは何ですか?

内藤 右肩です。右肩を自分の頭の後ろに持っていく感じで肩を動かしてみてください。肩をしっかり回すと言われても、それができないからミスになるわけです。体のどこを意識すれば、クラブが正確に動くか。それを知っておくことが大切なのです。

白石 腕やヘッドは意識しなくてもいいということですか?

内藤 その通りです。アドレスで正確な構えを作っておけば、あとは腕とクラブは体にくっついているだけという感覚で十分です。体がしっかり回転すれば、クラブはオンプレーン、正しい軌道に乗ります。バックスイングでクラブをオンプレーンに乗せることができれば、ダウンスイングでも同じくオンプレーンでクラブが下りてきやすくなります。体(肩)の回転が浅いとオンプレーンに振れないと思ってください。

白石 わかりました。ひとりで練習する時は特に注意してみます!