2016.08.09

苦悩の女王・森田理香子「世間に
イップスと知られるのが怖かった」

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

「賞金女王」の肩書きを持つプロゴルファーが、まったくの別人に入れ替わってしまったのではないか――。今の森田理香子(26歳)のゴルフを見ていると、そう思えて仕方がない。

厳しい状況が続いている森田理香子 2009年にツアー本格参戦を果たした森田は、いきなり賞金ランク27位となってシード権を獲得。以降、コンスタントに結果を残して、3年前の2013年には絶頂期を迎えた。年間4勝を飾って、横峯さくら(30歳)との熾烈な争いを制して、初の賞金女王に輝いた。

 だが、その翌年からは「賞金女王」としての存在感が薄れていった。2014年には1勝して賞金ランク16位という成績を残すも、2015年は未勝利に終わって賞金ランクは20位まで下がった。シード権こそ獲得していたが、不振の状態にあることは誰の目にも明らかだった。

 迎えた今季、森田は横浜ゴムが展開するPRGR(プロギア)と用具使用契約を結んで心機一転を図った。「女王、復活」を期待する声も膨らんだ。が、ふたを開けて見ると、ここまで19試合に出場して半分以上の11試合で予選落ち。ヤマハレディース葛城の19位タイが今季の最高位で、賞金ランキングは75位(8月8日現在)。シード権獲得さえ、かなり危うい状況にある。

 かつて、眩しいほどのスポットライトを浴びていた森田。今やその輝きは見る影もない。

 そうした状況にあって、試合会場ではなかなか声を掛けづらかった。しかしそんなときだからこそ、森田が今、どのような心境にあるのか、聞いておかなければいけないような気がした。

 練習後に声をかけると、森田は足を止めて、今の自身の状態についてゆっくりと話し始めた。