2016.08.04

【木村和久連載】「運命のクラブ」と
出会うにはどうしたらいいか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu


「運命のクラブ」に出会うことは、そう簡単にはいきません...... それでも、それを実現したい場合はどうしたらいいか? もうひとつ、"運命のレッスンプロ"に出会うことで、思わぬ回答が導き出されることがあります。

 アマチュアゴルファーがレッスンプロに出会う機会って、やはり練習場などが多いのでしょうか。過去に、練習場にいるレッスンプロのリサーチをアポなしでやったことがありますが、みなさん懇切丁寧で、しかもちゃんと"お客さん"扱いしてくれました。

 昔のレッスンプロというか、個性的な先生たちは我々に対して"生徒"扱いでしたからね。それだと、頭ごなしに言ってくるので、こちらとしてもやる気が失せてしまいます。

 下から丁寧に指導してくれるなら、あとは相性の問題だと思います。この先生の教えていることはなかなか理にかなっていると思えば、その人が"運命のレッスンプロ"となります。まあ、運命でなくてもいいのですが、このプロは信頼できると思ったら、そこで相談開始です。

 そう、"運命のクラブ"選びを手伝ってもらうのです。

 以前、友だちでもある、QP関雅史()プロの店に遊びに行ったついでに、スプーンを作ってもらいました。フォーティーンのヘッドに、三菱のシャフトでね。
※「QP」の愛称で親しまれているティーチングプロ。ゴルフ専門誌をはじめ、各メディアで活躍中。