2016.07.16

【内藤雄士ゴルフレッスン】力強い球を
打つには頭の位置が大事

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi


白石 悪い動きですか?

内藤  そうです。ボールの行方が気になるので、顔が早く上がって、胸が開いてしまう動きです。ポイントは頭を動かさないで振り切ることですが、バイザーやキャップのツバの向きを意識することで、悪い動きを矯正することができます。

白石 キャップのツバですか?

内藤 キャップのツバは自分から見えますよね。そのツバの方向に着目してください。キャップのツバがボールの少し右を指したまま、インパクトからフォローへとクラブを振り抜きます。極端にいえば、ダウンスイングからフォローで頭が、ボールを飛ばしたい方向と逆に動くイメージを持ちます。

白石 逆に動かすんですか? 頭が残ると何がよくなるのですか?

内藤 胸が開かなくなると、クラブのヘッドは自然にインサイドから入るようになり、ボールをしっかりつかまえることができます。また、頭を逆方向に動かすことで、ヘッドが加速しやすくなる。飛距離を出すためにはとても大事な動きになります。

白石 ボールがどこに飛んだか見たい気持ちを、グッと我慢しないとダメなんですね。でも、(実践すると)インパクトは今までと違う感触でした。気持ちよい感じです。今の感触で再度、飛距離を計測してみたいですね。