2016.07.09

【内藤雄士ゴルフレッスン】体幹を使って、無駄のない正しいスイングを

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

内藤 そうなんです。体が余計な動きをしなければ、クラブはアドレスの状態に正確に戻すことができます。飛ばそうとしたり、ボールに当てようとして体が動きすぎてしまうことで軌道はバラバラになってしまうわけです。肩がしっかり回転して、クラブが正しい方向に上がりさえすれば、当たらないことの方がおかしいのです。

白石 でも、レべレージディスクに乗った状態だとスイングが小さくなったような感じがするんですが。

内藤 それがいいんです。足元が自由に動かせる状態だと、必要以上に体全体が動きすぎてしまうわけです。小さい動きでも体にきつさを感じませんでしたか?

白石 確かに思い切り振っているわけではないのに、じんわり汗が出てきました。

内藤 それだけ体幹を使ったスイングができているということなのです。ゴルフのスイングで重要なことは反復性の高さと再現性の高さです。その他にリズムも重要になりますが、リズムよく振るためには、無駄な動きを排除しなければならないのです。

白石 足元が不安定なのに、今までで一番感触が気持ちいいです。芯で打てている感触が初めてわかりました。もっと体幹を意識して練習していきたいと思います!