2016.07.02

【内藤雄士ゴルフレッスン】スティックを使って、軌道を確認

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato   中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

●スティックを使って、正しい軌道を身につける

スティック状のものをクラブのグリップ部分に重ねるようにしてセット。長い1本の棒を持っているような状態にする。アドレス時のシャフトの角度とトップでのシャフトの角度が同じになれば正しい軌道で振れていることになる。
    

シャフトの角度がアドレス時と変わってしまうと、それを戻す作業がダウンスイングで必要になるので、ショットの精度は悪くなる。