2016.06.19

【内藤雄士ゴルフレッスン】腰を横にスライドさせる感覚をつかんで

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato   中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 腰は回すのではなく横に動かすのが、正しいのですか?

内藤 そうです。最初に横に動かして、左足の股関節に体重が乗った状態を作る。そこから回転させていくのが正しい動きです。

白石 複雑ですね。

内藤 ただ、この横にスライドする動きができれば、あとはクラブの勢いに任せて自然に体が回転していくので、トップからダウンスイングに入るときの腰の動きができれば、それほど難しいことではありません。

 多くのアマチュアゴルファーはボールを打つ意識が強くなるため、下半身の腰の動きよりも先に上半身が動いてしまう。これがクラブをインサイドから入れられない理由なのです。

白石 インサイド?

内藤 そう。ボールに対して内側からヘッドを入れることをインサイドから入れると言います。腰を横にスライドさせることでインサイドからクラブが下りるようになる。するとしっかりボールがつかまって、強い球を打つことができます。

白石 腰の動きですね。わかりました。練習してみます。

内藤 素振りだけではなく、実際に両足を広く広げた状態でボールを打つのも効果的です。ぜひやってみてください。