2016.06.11

【内藤雄士ゴルフレッスン】フォローのときも腰の回し方がポイント

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato   中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 腰をスライドするって難しいですね。

内藤 これは何年かゴルフ経験がある人でも、なかなかできていない動きです。コツは右手で腰に手を当てて、グッと左側に押すイメージです。横に押してから回転させる。このスライドさせる動きは日常生活にはあまりない動きなので、イメージしにくいと思います。

白石 簡単に腰を回しちゃダメなんですね。

内藤 そうです。この下半身の粘るような動きがポイントになります。フォローでしっかり体が使えているかのチェック方法は、テークバックのときと同じように、腕を胸の前でクロスした状態でクラブを乗せ、クラブの先がボールを指していればOKです。

白石 腰に肩に、いろいろチェックするポイントが多くて大変です。

内藤 腰の動きができるようになれば、上半身は自然に動くようになるので、肩の回転もスムーズになりますよ。

白石 わかりました。なんだかクラブを振っていないのに汗が出てきました。ヨガやピラティスみたいですね。頑張って動きをマスターします!


●正しいフォローの形を身につける

腰の高さまでクラブを持っていき(写真上)、ベルトのバックルをターゲットに向けるようにして腰を回す(中)。そこに右手を合わせる(下)。これが正しいフォローの形。腰から腰の範囲内でスイングしたときに、自然にベルトがターゲット方向を向くようになればOK。