2016.06.04

【内藤雄士ゴルフレッスン】フェース面の向きを常に意識して練習を

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato   中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 フェースが上を向いたり下を向いたりしているのは、よくないということですか?

内藤 プロでも個々でスイングの特徴は違うので、一概に間違っているとはかぎりませんが、基本としては腰の高さではフェース面のラインは地面と垂直だと考えてください。この先の段階で白石さんがもっとスイングができるようになったときに、少し上を向いていた方がいいとか、下を向いていた方がいいとかは出てくる可能性はあります。

白石 なるほど。わかりました!

内藤 要するにこの腰の位置でフェース面が上を向きすぎていたり、下を向きすぎているとういうのは手先を使ってクラブを上げているからなんです。ポイントとして覚えてもらいたいのが肩の動きです。腕を組んで、そこにクラブを乗せて胸に当てた状態から肩を回転させます。グリップエンドがボールを指していれば肩がしっかり回っている状態で、体の大きな部分を使ってバックスイングができている証拠になります。思っている以上に肩をしっかり回さないとグリップエンドがボールを指さないでしょう?

白石 本当ですね。結構キツイです。でも、これは目安ができて、すごくわかりやすいですね。

内藤 このときに右ヒザが右サイドに流れないように注意してください。下半身と上半身の捻転差を作ることがポイントです。

白石 自分がいかに体(肩)を回せていないかがよくわかりました。これなら、家で練習することもできますね。早速やってみます!