2016.05.21

【内藤雄士ゴルフレッスン】「ボールを打つ」意識をいかに消すかが大事

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato    中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 自分では動いているつもりはないんですけれど......。

内藤 そうなんです。だからこそ"ボールを打つ"意識をいかに消してスイングするかがポイントになるのです。

白石 体が流れないコツはありますか?

内藤 頭の位置を意識してください。もっと細かく言えば目線です。トップからフィニッシュへクラブを動かすときに、ボール位置をヘッドが通過した後もボールがあった位置を見続けることです。いわゆる頭を残すという動きがこれにあたります。

白石 トップのときと同じように、結構きついんですね。

内藤 そうですよね。楽にクラブを振ってしまうと体が自由に動きすぎてしまう。これでは良いスイングはできないのです。クラブを振るときには、ちょっとした我慢が必要になります。今回のレッスンでは頭を動かさないという我慢がポイントになるのです。

白石 なるほど!我慢ですね。頑張って我慢してみます。

内藤 軸が左右にぶれなくなると体の回転がスムーズにできるようになります。するとトップとフィニッシュの形を結ぶだけで、バランスよくきれいに振れるようになるわけです。すると、インパクトが通過点にすることができます。

白石 わかりました。自分では我慢しているつもりなのに、内藤コーチに頭の位置を常に修正されました。できていると思っていてもできていないことがゴルフのスイングでは多いんですね。もっと、頑張りたいと思います!