2016.05.14

【内藤雄士ゴルフレッスン】軌道を安定させるコツは右肘にあり!

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

内藤 言葉で聞くと難しいですが、動きながら覚えれば、こういうことがオンプレーンに振れるんだということがわかると思います。

 まず、スムーズにテークバック(クラブを上げる動き)をするためのチェックポイントを説明します。白石さんに限らず、多くのアマチュアゴルファーは右肘がアドレスで外を向きがちです。これをお腹側に向けます。右打ちの人はほとんどが右利きだと思いますが、右手で強く打つイメージを持ったり、右手でクラブを振る意識があると右肘が外に向いて、右肩が前に出やすくなります。結果、ターゲットよりも左を向いたアドレスになり、スライスが出やすくなるわけです。

白石 右脇を締める感じですか?

内藤 その通りです。言い換えれば右肘をお腹の方に向ければ、自然に右脇が締まった状態になります。

白石 なるほど。右肘の向きに気をつければいいんですね。

内藤 そうです。右肘が体の方を向いたまま始動すれば、クラブはプレーン上を動いてくれます。この始動の動きが非常に大切で、ここでクラブがプレーンから外れてしまうと、今度は手先の動きで戻す必要があります。それでは確率の悪いスイングになってしまう。ミスが多く出るスイングになるということです。

白石 言葉だけを聞くと今日は難しいレッスンかなと思いましたが、チェックするポイントが右肘だけでいいなら、私でもできそうな感じがします。
あれっ、鏡でチェックしながらだと形ができているのに、自分だけでやると、まだまだできない。内藤コーチのような格好いい形になるように頑張ります!