2016.05.07

【内藤雄士ゴルフレッスン】大事なのはトップとフィニッシュの形

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 でも、ボールに当てようとしないって難しくないですか?

内藤 そうです。だからこそ、最初のスイングを覚える段階で、飛ばそうとか当てようとかせずに、トップとフィニッシュを結ぶことだけに集中することが大切なのです。

白石 わかりました! 内藤さん、フィニッシュの正しい形を教えてください。

内藤 前回やったトップ位置の作り方とまったく逆のことをやればいいだけです。まず、アドレスした状態から左手を肩の高さまで上げます。そこに右手を合わせます。この時、右腰をぐっと目標方向に押し出すように腰を回すのがポイントです。

白石 内藤さん、右手が届かせるのって苦しいですね。

内藤 腰が回っていないからです。右足を蹴るような形にして右腰を押し込んでみてください。

白石 このときは、頭も動かしちゃダメなんですよね?

内藤 その通り。ただ、振り切った後は最終的に左足に体重が乗っていくので、その段階では頭は動いても問題ありません。

白石 ボールを見るとどうしても当てたくなりますね。でも、トップとフィニッシュだけを意識してボールを実際に打ってみたら、見ている人が驚いていたので、自分ではまったくわからないですが、少しはゴルフのスイングになっているってことでしょうね。難しいですけど、頑張って意識して練習したいと思います!