2016.04.23

【内藤雄士ゴルフレッスン】肩のラインが正しいと、ショットも正確に!

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato   中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 なぜ肩のラインは右を向いたり、左を向いたりするんですか? そんなに難しくなく思えますが......。

内藤 ひとつはターゲットに対して正体していないことと、グリップしたときに必然的に左右の手の高さに差が出てしまうからです。

白石 なるほど。では肩のラインを正確にセットするコツはありますか?

内藤 クラブを肩にあてて、そのクラブがターゲットラインと平行になるように構えます。この時、右肩が下がったり、左肩が下がったりすることにも注意してください。

白石 これなら自分が正しく構えられているかどうかがわかりやすいですね。なんとなく構えているだけだと、その時点でミスの確率を高めているということがよくわかりました。スポーツはなんでもそうですが、フォームがきれいということが大切なんですね!


●正しいアドレスを作るために、肩のラインをチェック

1.拇指球の上に重心が乗るように構えて、左右の足を結んだラインに対して肩のラインを合わせる。

  
2.クラブをターゲットに向けて置き、目安にするとわかりやすい。肩のラインがターゲットラインと平行になっていないと、正しいスイングはできない。