2016.04.10

テレビに映らないマスターズ。ラウンド後に猛練習していたのは誰?

  • 文・写真●ヨッシー小山 text & photo by Koyama Yoshie

 このホールでは、松山くんの組で回っていたビジェイ・シンがグリーンを大きく外し、ボールは観客席の方へ。アプローチショットを間近で見ようとボールの前に立っていましたら、なんと松山くんのボールもグリーンを外れて、ビジェイのボールのすぐそばに落ちたので、ビジェイと松山くん、2人のアプローチをすぐ目の前で見られてラッキーでした。ビジェイはアプローチショットも何とクロスハンド! これは日本に帰って、レッスンで皆さんにお伝えしなければと興奮した私でした。

 最終ホール18番に隣接する9番ホールのグリーンでは、この日前半バーディー続出で回ってきたジェイソン・デイのあわやイーグルかというスーパーアプローチショットに、思わず私も拍手と歓声!

 スーパープレー続出で、技の祭典のようなマスターズですが、実はプレー後の選手の練習風景もまた見どころ満載なんです。

 ラウンドを終えた選手はたいてい練習場へ戻り、そこでその日の反省点を確認し、次の日に向けて徹底練習していますので、観戦の機会があれば、選手の練習も、ぜひ見ていただきたいです(写真5・6)。

   (写真5・6) ホール終了後、数時間練習するプロも!(写真5・6) ホール終了後、数時間練習するプロも!

 この日、私はアプローチ・パッティング・ドライビング、すべてが見渡せるスポットに椅子をセットし、選手たちの練習法を観察しておりました。

 ちょうど目の前にやって来たのは、松山くんとビジェイ。2人ともパッティンググリーンでショートパットの練習から開始しました。