2016.04.09

正しくクラブを握ることが、きれいなスイングを作る第一歩!

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato   中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

●左手小指側を最も強く握る
  右手の小指と左手の人差し指を絡めるようにして握るインターロッキンググリップは、左右の手の一体感が高まる効果がある。


●グリップエンドは少し余らせて握るのが正解
    グリップエンドギリギリに握らずに、少し余らせて握るのがポイント。ギリギリに握るとスイングしたときにクラブが暴れやすくなる。

●インターロッキンググリップがおすすめ!
  右手の小指と左手の人差し指を絡めるようにして握るインターロッキンググリップは、左右の手の一体感が高まる効果がある。


【レッスンを終えて】
 グリップが大切なことはよくわかりました。最初は違和感はありますけど、これが上手くなるために必要なことなら、我慢してでも慣れていこうと思います。「左手の小指が最も力を入れて、徐々に力を弱くする」という表現はとてもわかりやすかったです。力を入れすぎちゃダメな指もあるんですね。(白石あさえ)