2016.03.17

マスターズにも影響? J・スピースがファンと「SNSバトル」

  • text by PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 例年、マスターズが近づいてくると、過去のチャンピオンたちの勢いが増し始める。直近の過去5大会の優勝者を調べると、前出のスピースは1月のヒュンダイ・チャンピオンズを勝って、バッバ・ワトソン(37歳/アメリカ。2012年、2014年マスターズ優勝)はノーザントラストオープンで優勝。マスターズ2013年の覇者アダム・スコット(35歳/オーストラリア)は、フロリダシリーズで2試合連続Ⅴを達成した。さらに、2011年のマスターズを制したシャール・シュワーツェル(31歳/南アフリカ)が、先週のバルスパー選手権で勝利を飾った。

 そんな中、スピースは今週のアーノルド・パーマー招待(3月17日~20日/フロリダ州)を欠場。ここでしっかりと休息をとって、地元開催のWGCデルマッチプレー選手権(3月23日~27日/テキサス州)、シェル・ヒューストン(3月31日~4月3日/テキサス州)に参戦し、マスターズに臨む。

 スピースは、今回のひと悶着を逆にパワーとし、マスターズ連覇を果たせるのか。アメリカだけにとどまらず、日本でも多くのファンが注目している。

●ゴルフ 記事一覧>

関連記事