2016.03.10

【木村和久連載】増殖する「サードウェーブ系ゴルファー」の実体

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 腕前は発展途上ですが、真面目にプレーします。ゆえに、プレーが遅いのが難点ですか。グリーン上では、打順が回ってきてからラインを読むなど、ワンテンポ動きが鈍いです。ボール探しも、結構時間をかけて探していますし……。

 それだけ真剣にやっている割にはまったくニギッていないし、オジさんから見て、理解不能な面は多々ありますね。とはいえ“正統派”のサードウェーブ系ゴルファーは、微笑ましく見えます。

 一方でやや問題なのが、“邪道派”のサードウェーブ系ゴルファーの面々です。数でいうと、こっちが断然多いです。

 ビジュアルで言うと、エグザイル系とでも言うのでしょうか。男臭がプンプン漂っています。職種は、飲食業界、水商売、ファッション業界、不動産業界……など、よくわからない自称コンサルティングという方もいらっしゃいます。

 体育会系の気質ですから、仕事には真摯に向き合っています。「いつかは、人気らーめんチェーンを作って、額にタオルを巻いて、腕組みしたポーズでポスターに登場したい」と願っているような方も多く、やる気まんまんです。

 ですから、ゴルフを始める動機も、目標を達成していたり、大成したりしている「先輩を真似て」というのが一番多いです。成功者がする遊びがゴルフって、そこはなぜか昭和的ですけど……。