2016.03.03

賞金女王に最も近い日本人プレーヤー、渡邉彩香が「目指す場所」

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

渡邉彩香(わたなべ・あやか)/1993年9月19日生まれ。静岡県出身。2015年はシーズン2勝を飾って、獲得賞金は1億円を突破。日本屈指の「飛ばし屋」で、近い将来、海外での活躍も期待される。身長172cm。血液型A 本格的にアメリカのツアーにも参戦してみたい、という気持ちもあります。でも今は、目標が見つからないというか、米ツアーで優勝したいとか、世界ランキング1位になりたいとか、(米ツアーでの)現実的かつ明確な目標が浮かばないんですよ。

 東京五輪に出て金メダルを獲得することが目標なので、それまでには完璧な自分を完成させたい。そのためには、米ツアーに行くことも考えないといけないのですが、今はその時期じゃないと思っています。今季はとにかく、国内のメジャー大会に優勝すること。そこを目指してがんばっていきたい」

 このオフ、獲得賞金1億円突破のご褒美は、特に自分にはなく、両親にお財布をプレゼントしたという。高級時計やアクセサリーにも興味がなく、最近購入した一番高いものは、ディズニーランドの年間パスポート。

「4月からデーパスポートが値上がりするので、お得なんですよ」

 渡邉はそう言って、笑った。

 高額賞金を手にしても、自分を見失うことはない。普段の堅実な生活と同様、渡邉はゴルフでもコツコツと努力を重ねて、目標と課題をクリアしてきた。ツアー本格参戦4年目を迎える今季も、そのやり方は変わらない。

 有言実行を地で行く彼女なら、メジャー優勝はもちろん、その先の頂も、すでにはっきりと見えているのかもしれない。

取材協力:函南ゴルフ倶楽部

ゴルフ記事一覧>

関連記事