2016.02.25

【木村和久連載】スコアをまとめたいなら「マイルール」の徹底を!

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 以下、気になるマイルールを列挙しますので、ご参考までに。

「暫定球は、別のクラブで打つ」

 より考慮すべきは、ティーショットの際ですね。たった今、ミスしたクラブで打ち直すのは、どうなんでしょうか。より安全なクラブに変えて打つほうが懸命だと思います。

「パットは、OKをもらえる距離に打つ」

 格好つけて、返しのパットがしんどくなるオーバーはしないこと。それは、プロの試合の見過ぎです。

「ティーショットを打つ前に素振りは必要」

 素振りはワッグルと違って、今からこのように打つ、というエアショットなのです。そこで、しっかり肩が入っていてこそ、本番でも同様に打てるというわけです。

 そして、最後はこれです。

「キャディーさんの判断が違っていても、文句は言わない」

 キャディーの善し悪しは、運ですから諦めましょう。それは、キャバクラに行って、あまり可愛くない子とにこやかに喋って、お金をたんまり支払い、世の中の「無常」と「不条理」を甘受した方なら、理解できるはずです。

 無愛想なキャディーさんとラウンドして、ぜひ“大人力”を磨いてみてはいかがでしょうか。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

ゴルフ記事一覧>

関連記事