2016.02.04

【木村和久連載】ラウンド中の潤滑油「ゴルフギャグ」を磨け!

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 そして最後、プレーのあとのお約束のリアクションと言えば、これです。

「今日はどうだった」と聞かれたら、「大叩き詠一だよぉ~」と言って、ぼやきましょう。そのうえで、「前半は良かったけど、後半は落ちっぱなしのナイアガラよ」と付け加えれば完璧です。ネタ元は、もちろんシンガーソングライターの大滝詠一さん。彼が設立したプライベートレーベルが「ナイアガラ」でしたね。

 ゴルフをしている若者のみなさん、あなた方も将来はおやじになるので、今のうちに“ゴルフギャグ”をたくさんこしらえて、ギャグセンスを磨きましょう! たとえ滑っても、堂々と言えるようになって、一人前です。

 そういえば、“ゴルフギャグ”がうまい人って、スコアは今イチなんですよね。天は二物を与えず、なんでしょうか……。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

ゴルフ記事一覧>

関連記事