2015.12.10

【木村和久連載】ラウンドの朝、ゴルフ場に来てからやるべきこと

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 加えて、スタート直前にはパター練習もやりましょう。よく2ヤードぐらいの距離から打ってカップに入り、「今日は調子がいいぞ!」なんて言う方がいますが、それはオマケです。本来、パッティンググリーンでは、その日のグリーンの速さを確認し、自分のタッチ具合を調べる。それが、大事だと思います。

 私の場合の距離感の出し方は、歩測でイメージします。6歩と12歩の距離を基本にして打って、今日はグリーンが速いか、重いかを調べます。曲がり具合とかはあまり見ません。アマチュアのパットは、10~15ヤード程度の距離を、いかに2パットで入れるか、それに尽きると思います。

 そして、いよいよラウンド開始。深呼吸をして、素振りを1回、それから運を天に任せて思い切り振りましょう。

 様子を見たりして、俗に言う「合わせて打つ」みたいなことは、高等テクニックなのでやめましょう。最初はOBでもいいから、とにかく豪快に振ること。空振りやチョロより、すごく飛んで曲がったほうが、周囲の人も「惜しいなあ」と言ってくれますよ。

 ショットは、決して後悔しないこと――そのためには、思い切りが必要だと思います。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

ゴルフ記事一覧>

関連記事