2015.11.12

【木村和久連載】20代美女と同伴!? 今「ひとりゴルフ」が熱い

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 それはいいとして、プロフィールができたら、予約できるゴルフ場を選んで、そこにエントリーすれば完了です。

 今まで数回プレーしましたが、現場に行くと、みなさん“ひとりプレー”に慣れているので、実に社交的です。もちろん、「ニギろうよ」なんて言ってくる人は皆無ですから、ご心配なく。

 また、『1人予約ランド』では予約できるエリアが広く、北海道から九州まで、およそ500コースほどあります。ひとり旅のついでに、出張の帰りに……ひとりでゴルフができますから、非常に便利です。

 予約においては、最少催行人員が書いてあって、2人~3人(集まれば)というのが多いですかね。ひとりでもプレー可能、というのはさすがに少ないです。ということで、確実にプレーしたい方は、すでにひとり、ふたりの予約が入っていて、3人目、4人目の枠に申し込んでおけば、まず流れることはありません。

たとえ女性がいなくても、「ひとりゴルフ」は意外と楽しいんですけどね……。 そうそう、1人予約には面白い都市伝説があって、うら若き20代の女性が最初にエントリーすると、その組は瞬時に予約が埋まるらしいです。そして、喜び勇んでコースに行ってみると、バカ面下げたおやじ3人、呆然と立っていてしぶしぶプレーするんだとか。

 あくまでも都市伝説ですけど、これは新手の“ゴルフ・ハニートラップ”ですかね。我こそはと思う勇猛果敢な方は、20代美人ゴルファーのエントリーを見つけたら、ぜひ挑戦してみてください!


木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

関連記事