2015.11.10

【ゴルフ】比嘉真美子&堀奈津佳、シード落ち危機の「自己分析」

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook

 懸命なリハビリとトレーニングによって、今では痛みもとれて問題なくクラブは振ることができるというが、とても万全な状態とは言えない。比嘉の置かれた状況はますます厳しくなっている。

 それでも比嘉は、そんな素振りを一切見せない。困難な現状における周囲の心配や不安をよそに、常に平静を装っている。

「決して悪いことばかりでもないんですよ。調子だって、悪いときもあれば、いいときもありますから。いい意味で開き直って、うまく気持ちを切り替えて試合に臨まなければいけないなって、いつも思っています。休んでいる間も、ドライブしたり、プロレスを観戦したりして、リフレッシュできました」

 ひと呼吸置いて、比嘉が続ける。

「人は、ずっといいことばかりあるわけじゃない。悪い時期というのを、今こうして経験できていることがよかった、と思っています。家族やキャディー、トレーナーさんなど、多くの人が支えてくれていますし、悪い状況にあっても、多くのことが学べますから。そうした現状を打開していく過程において、いろいろな話をすることで、さらに学ぶ意欲が沸いてきています。

 だいたい、今年がダメだからって、私のゴルフ人生が終わるわけじゃありませんよね。これから先、東京五輪出場や賞金女王獲得、そして米ツアー挑戦など、自分が目標とするプランがたくさんあることを考えれば、まだまだ『やれる!』って思うんです。そのために今は、じっくりと自分の足もとを見つめて、結果に左右されることなく、できることからやっていきたい。そうすれば、自分のゴルフは自ずとよくなっていくと思うんです」