2015.10.15

【木村和久連載】アフターゴルフこそ「命」。愉快な『19番H物語』

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 一方、たまにクルマで帰る場合の寄り道スポットは、『アウトレット』です。これは、「帰りに寄れ!」と指示しているのか(?)、インターの近くにあるのがお約束です。だったら寄るしかないです。

 ゴルファー関係でオススメは、東北道の佐野藤岡インター近くの『佐野プレミアム・アウトレット』じゃないですか。ここは、キャロウェイやテーラーメイド、ブリヂストンスポーツなど、ゴルフ関連商品が充実しているのがうれしいです。

『アウトレット』は在庫オンリーなので、今ある商品がなくなれば、次の入荷待ち。その分、どこのメーカーとは言いませんが、売れ筋ドライバーのちょっと古くなった品物を、格安で販売している場合があります。うまくすれば、思わぬ掘り出し物に遭遇できるかも……。

 ただ、クルマ派の方は、帰り道にいろいろ楽しんでも、また誰かが運転して帰らねばなりません。睡魔との戦いが待っていたりします。それに比べて、電車派はそのまま、電車に揺られて爆睡して帰れる特権があります。

 そこで、電車派にはさらにオススメなのが、健康ランド&宴会ツアーです。そういうのが好きな友だちが開催しているんですが、これが妙に楽しい。

 プレーが終わったら、ゴルフ場の風呂に入らず、健康ランドに集合。特別凝(こ)った健康ランドじゃなくていいんです。ゴルフ場に近いところにある、スーパー銭湯の『極楽湯』なんか最高ですね。風呂の数がハーフコース分ぐらいあって、それぞれのお風呂にしっかり1時間は入って体を癒(いや)します。