2015.08.26

【ゴルフ】米ツアー進出? イ・ボミが賞金女王の先に見据えるモノ

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 今季、安定した成績が残せている要因について、イ・ボミはこう語る。

「ドライバーがしっかりとフェアウェーをとらえられるようになったこと。それと、パター部門の記録(平均パット数=1.7595)が1位ということも、安定した成績につながっていると思います。もともとショットはよかったのですが、それに加えて、パットがよくなったことは本当に大きいですね。これまで、賞金女王争いに加わりながら、最後に逃してしまったのは、パットがよくなかったからです。このまま平均パット数の成績が1位をキープできれば、もっといいゴルフができるだろうし、目標にも近づけると思っています」

 最後まで油断することなく、自分のプレーに徹することだけを考える。昨季の失敗を繰り返さないこと、そして父との約束を果たすという強い意志が、イ・ボミを突き動かしていく。その真摯な姿を見る限り、悲願は成就されるはずである。

 そこで気になるのは、次なる目標である。日本ツアーをステップにして、米ツアー参戦もあるのか。賞金女王獲得後、イ・ボミの視線の先はどこを見ているのだろうか――。その疑問を率直にぶつけてみると、イ・ボミはこちらを真っ直ぐに見つめて、こう切り出した。

「実は、その先のことはまだ考えられないんですよ。まだ賞金女王になったわけでもないですし、次の目標はそれが実現できてから決めます」

 ひと呼吸置いて、彼女はこう続けた。